酵素と酵母について

酵素と酵母について

酵素と発酵の違いについてはこちらで書きましたが、今回は

 

酵素と酵母の違い

 

について書きます。

 

発酵と同様、酵素と酵母の違いがはっきりとわからないと思います。

 

酵母とは、微生物で発酵食品(味噌、お酒、パン)に含まれることが多いです。

 

また10ミクロン以下の単細胞生物で、土の中から果物までと多岐に渡りますがいろいろなところに存在します。

 

他の動植物と同様、体内でたくさんの酵素を作っています。

 

酵母は質の高い酵素ドリンクなどの製品などには含まれています。

 

また酵母は微生物ですので、酵素を生み出すことができます。

 

そして酵母は発酵し、また胃酸強く腸内では酵素を出します。

 

酵素により腸内環境が良くなり、酵素吸収も高まります。

 

つまり、酵母は酵素を吸収するためのベースというところでしょう。

 

さて今回のテーマである違いについてですが、まず1つ目は

 

生物であるかどうか

 

です。

 

『酵素』は生物ではなくタンパク質です。

 

『酵母』は、もちろん微生物です。

 

『酵母』は微生物なので、他の動植物と同じように体内で大量の酵素を作っています。

 

2つ目の違いは

 

熱に対する弱さ

 

です。

 

『酵素』はタンパク質なので熱に弱いです。

 

しかし、『酵母』は厚い壁を持っているので、熱に強いというのが特徴です。

 

なので熱に弱い酵素ドリンクを温めたり、お湯割りにするのは効果が弱くなるので厳禁です!

 

『酵素』と『酵母』は違う物ですが、関係が全くないとは言えませんね。

 

酵素、酵母の性質をしっかりおさえて酵水素328選の効果を最大限に得て下さい。