酵水素328選の口コミ検証レビュー

酵素とは何か?

あなたがこのサイトに訪問して下さっているということは

 

『酵素』

 

という言葉を耳にする機会が多いと思われます。

 

でも、実際に

 

『酵素って何?』

 

と言われてもピンとこないと思います。

 

そこで今回は、酵素についてお話したいと思います。

 

まず酵素は人間の生命維持に欠かせないものです。

 

そして体内の酵素はある一定量しかないため、補充しないと無くなってしまします。

 

つまり、先ほど言ったように生命維持に関係しているので、無くなってしまえば生命維持が危うくなるのです。

 

そして体内の酵素は一定量しかないため、補充しなければなりません。

 

では、どのように補充するか?

 

まず、食べ物での摂取になります。

 

これを

 

『食物酵素』

 

といいます。

 

体内の酵素の減少を少しでも抑え、食物酵素を優先的に使えば体内の酵素の数はたもたれますね!

 

ではどのような食べ物が『食物酵素』を含むのか?

 

・生野菜
・フルーツ

 

野菜では、大根、ニンジン、セロリなどがあり、フルーツでは、リンゴ、バナナ、パイナップルなどがあります。

 

これらの食品の効果を十分に発揮するには、調理せず。そのまま食べることが重要です。

 

また酵素の働きをサポートする補酵素も重要です。補酵素はビタミンB群やコエンザイムQ10などです。

 

これらの補酵素を含む食品は魚類、レバー、豆類などです。

 

つまり酵素と補酵素を程よく摂取するのが一番いいのです。

 

あとはサプリメントなどもあります。

 

では次に酵素の3つの分類を紹介します。

 

1 消化酵素

 

体内に存在し、アミラーゼやペプシンなどがあります。アミラーゼは唾液の中に含まれデンプンをぶどう糖へ分解します。また、ペプシンは胃液の中に含まれるたんぱく質分解するなどなど…おもに大きな分子を小さな分子へ分解する補助をします。

 

2 代謝酵素

 

私たちの心臓を動かしたり、髪の毛や皮膚をつくったり、免疫を高めて私たちの身体を病気などから守ったりしています。

 

3 食物酵素

 

食物酵素じたいはほとんど吸収されないと言われています。では、どこで働くのか?食べ物じたいの消化を促進しているものそれが食物酵素です。

 

 

これら3つのうち『消化酵素』と『代謝酵素』を潜在酵素といいます。この2つは体内に存在します。

 

最後に酵素の数!

 

酵素の数はいくつあるのか?

 

実はとても未知数といっていいほどたくさんあります。ヒトの体内で働くものが約3000種類、自然界に存在するのが25000種類以上。

 

しかしまだ発見されてないものも多くあるため数の特定はできません。

 

ただこんなにたくさんの酵素があるにもかかわらず実は基質特異性(特定の物質にしか働かない)があるためそれぞれの酵素が異なる働きをするのです。

 

という感じですね。

 

少し酵素について知っていただけましたか?