酵素について(消化酵素編)

酵素について~消化酵素~

前回の

 

酵素とは何か

 

で酵素の分類について紹介しました。

 

酵素は消化酵素、代謝酵素、食物酵素の3種類がありましたが、今回は

 

『消化酵素』

 

について詳しく説明したいと思います。

 

まず消化酵素とは何か?

 

消化酵素とは体内に存在し、アミラーゼやペプシンなどがあります。

 

おもに大きな分子を小さな分子へ分解する補助をします。

 

なぜなら小さい方が胃腸管から吸収されやすいからです。

 

では次に消化酵素を3つに分類したいとおもいます。

 

『炭水化物分解酵素』
『タンパク質分解酵素』
『脂肪分解酵素』

 

以上3つに分けられます。

 

では炭水化物分解酵素とは何か?

 

・ でんぷんをブドウ糖に分解する、つまり糖質を分解すること。

 

この働きを持つ消化酵素は4つあり

 

『アミラーゼ』
『マルターゼ』
『ラクターゼ』
『スクラーゼ』

 

です。まずアミラーゼは別名ジアスターゼともいい、おもに膵液や唾液の中に含まれています。一度は聞いたことあるかもしれませんね。

 

次に、マルターゼは加水分解によってグルコースになります。

 

ちなみに加水分解とは水が反応し生成物が得られることをいいます。

 

そして、マルターゼは膵臓や腸液に含まれています。

 

また、ラクターゼは乳糖を加水分解によりガラクトースとグルコースにする酵素です。小腸の絨毛に多く存在します。

 

最後にスクラーゼはスクロース(ショ糖)を加水分解することにより、グルコースとフルクトースを得られます。

 

おもに腸液に含まれています。

 

次にタンパク質分解酵素は何か?

 

・ タンパク質をアミノ酸へ分解する酵素です。

 

別名プロテアーゼとも言います。

 

今回はタンパク質分解酵素を3種類紹介します。

 

『ペプシン』
『トリプシン』
『エラスターゼ』

 

胃液(ペプシン)や膵液、腸液などに含まれています。

 

まず、ペプシンについて説明します。

 

ペプシンは胃液の中に存在し、強い酸性です。なぜ強い酸性かというと、塩酸を含んでいるからです。

 

次にトリプシンです。

 

トリプシンは膵臓で分泌されます。

 

また、町内でタンパク質を加水分解することによりポリペプチドやペプトン、あとはアミノ酸になります。

 

そしてエラスターゼはエラスチンを分解します。

 

またエラスターゼは病気にたいして働きます。

 

例えば、赤痢菌の毒性を分解します。

 

最後に脂肪酸分解酵素は何か?

 

脂肪を脂肪酸やモノグリセリドへ分解するのが

 

『リパーゼ』

 

リパーゼは聞いたことがあるかもしれませんね。

 

リパーゼとは脂肪を消化します。

 

中性脂肪を分解することにより腸管から吸収できます。

 

またリパーゼを調べる検査があり、検査によって膵臓の病気なども発見することができます。

 

今回は消化酵素を集中的に取り上げましたがいかがでしたか?

 

次回は代謝酵素について書きたいとおもいます。